女性が夜に眠れなくなってしまう主な原因をまとめてみた

女性が眠れないのは女性ホルモンが関係?

女性が眠れないのは女性ホルモンが関係?

女性ホルモンは睡眠に大きく影響しているので、生理前や妊娠、更年期などで女性が眠れないと悩むことは多いです。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、排卵日から生理開始にかけて分泌量が増えるプロゲステロンが睡眠障害を起こすことがあります。

プロゲステロンの分泌量が多いと深い眠りであるノンレム睡眠の時間が短くなり、浅い眠りのレム睡眠が長く続くので努力して寝付きを良くしても熟睡した感覚を味わえません。

更年期になるとエストロゲンの量が減るので眠れない日も多くなり、火照りなど他の症状も重なって精神的にも辛くなります。

寝る前にお風呂に入って体温を1度上げると深部体温が下がりやすくなり寝付きが良くなります。

女性が眠れないのは腸内のトラブルが関係?

女性が眠れないのは腸内のトラブルが関係?

女性が眠れない、その裏側には腸内のトラブルが関係していることもあります。腸内の環境は健康に対してもとても影響力が大きいですから、その一環として睡眠へのトラブルの原因になることもあると言う具合です。

たとえばセロトニンと呼ばれる、精神の安定に対して必要な神経伝達物質があるのですが、これは多くが腸内で作られています。

ですから腸内のトラブルはセロトニン不足を招き、その結果、精神の安定が保たれにくくなると考えられます。

するとストレス、イライラにより交感神経が優位になりやすくなり、眠れないと言った状態が引き起こされやすくなると言えます。

またセロトニンは、人の体内時計や睡眠のリズムを調節しているホルモン、メラトニンの材料にもなる物質です。

ですからセロトニン不足はメラトニン不足を招き、体内時計や睡眠のリズムを乱れさせると言うのも、女性が眠れないことと腸内のトラブルの関係として挙げられることです。

女性が眠れないのは妊娠・出産が関係?

女性が眠れないのは妊娠・出産が関係?

女性が眠れないことと妊娠・出産の間には大きな関係があります。まずしっかりと眠るため、あるいはスムーズな入眠のためには自律神経のバランスが整っていることが重要です。

つまり夜に伴い、体や神経をリラックスさせる作用がある交感神経が優位になり、そして朝には体を覚醒させる交感神経が優位になることが必要と言うことです。

ところでこの自律神経の働きを担っている部分は、女性ホルモンの分泌を担っている部分と非常に近い位置にあると言われています。

妊娠・出産と言うのは女性ホルモンの分泌やそのバランスに多大な影響をもたらす出来事です。

そのため妊娠・出産により女性ホルモンの分泌などが乱れたりすると、その影響を受けて自律神経のバランスも崩れやすくなると言うのが、女性が妊娠・出産により眠れない状態になりやすくなる理由です。