髪の毛を育てる育毛剤にはどのような種類のものが販売されている?

飲むタイプの育毛剤とは?

飲むタイプの育毛剤とは?

男性の薄毛の原因のほとんどは、AGA(男性型脱毛症)と言われています。これは、男性ホルモンが髪の毛の成長を阻害してしまうことによって起こります。

このAGA(男性型脱毛症)の治療薬としてミノキシジルやプロペシアなど飲むタイプの育毛剤が効果があることが分かっています。ミノキシジルは高血圧の治療薬として、プロペシアは前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

しかし、回復している患者の薄毛が改善されていることに注目され、薄毛の治療薬として使用されることになりました。内服方法は、一日一回、医師から指示された量を飲むようになります。

食前、食後などの決まりはありませんが、毎日同じ時間帯に飲むことをおすすめします。自己判断で飲む量を変えることは非常に危険で、副作用になどの経過も注意して観察しなければなりません。

塗るタイプの育毛剤とは?

塗るタイプの育毛剤とは?

塗るタイプの育毛剤は一般的によく見られるタイプであり、直接毛根まで薬剤を届けることが可能です。育毛剤は副作用があると思われていますが、実際は医薬部外品なのでそれほど副作用はありません。

発毛剤を使用するほどの状態ではなく、抜け毛予防をしたい方におすすめです。洗髪後や起床後に塗布して軽くマッサージをすることで浸透力を高めることができます。

飲むタイプの発毛剤は処方薬になるため、店舗販売はしていません。外用薬は経口薬と比べて副作用が弱いものが多いですが、塗るタイプの育毛剤はさらにマイルドな仕様になっています。

毎日使用することで頭皮環境を健全にして薄毛を解消することができます。特に抜け毛を予防したい方におすすめなので、洗髪後の排水口が黒くなる方は試してみましょう。

飲むタイプと塗るタイプの育毛剤はどちらが効果ある?

飲むタイプと塗るタイプの育毛剤はどちらが効果ある?

育毛剤には飲むタイプと塗るタイプがありますが、どちらの方が効果があるのでしょうか。一般的に使われているのは塗るタイプですが、良い結果を期待できるのは飲むタイプだといわれています。

飲むタイプならば体内を巡り結果的には頭皮全体に効果を行きわたらせることができます。

塗るタイプだと髪の毛によって育毛剤の成分が阻まれてしまったり、頭皮に皮脂が溜まっていると上手く育毛剤の吸収ができない場合があります。

これだけ見ると飲むタイプのメリットだけが目立っていますが、飲むタイプの育毛剤は身体全体に行きわたるため副作用が発生する場合があります。

育毛剤の購入を考える時には、両方のメリットとデメリットをしっかり考えるようにしましょう。